キャラクター

コメディア・デラルテ」に出てくる、いろいろな登場人物を「ストックキャラクター」といいます。
「ストックキャラクター」とは、それぞれキャラクターが特有の名前を持ち、性格や服装、仮面、演技スタイルなどに個性的な特徴を持っています。

例えば、「パンタローネ」はあご髭を生やした年寄りの商人で、偉そうな態度を取るがだまされやすく好色。「カピターノ」は軍人で、戦いの自慢話ばかりするが実は臆病者、といった様に。
「ストック・キャラクター」を生かし、「テアトロ コメディア・デラルテ」ではいろいろな物語を、即興的に展開していきます。

【豆知識】

こうした決まりきった役を予定調和的な見せ方で演じるという特徴は、観客のキャラクターに対する理解を早め、純粋に俳優の演技を楽しむことに集中させるという利点を持ちます。俳優的側としても、仮面と衣装を付けることでその役になりきりやすくなるという利点がありますが、技術的には奥が深く、習得には修練と経験を要します。
WORKSHOP」に参加するとその奥深さや難しさがわかると思います。

多くの場合、俳優は特定のキャラクターを専門に演じるのですが、「テアトロ コメディア・デラルテ」では「大塚ヒロタ」が一人で多くのキャラクターを演じる「一人劇(一人舞台)」になっています。 

zanni01

腹ペコの召使い。
常に問題に巻き込まれている。持ち前の機転ですぐにそれを解決するが、その方法が次の問題を連れてきてしまうので一生解決しない。
中でもアルレッキーノ、ブリゲッラ、プルチネッラ等が有名。ピエロの原型となったキャラクターでもある。

capitano01

自称大将軍
語義は「隊長 (the Captain)」。筋肉モリモリの大男。戦さの手柄を常に声高に自慢して、人々の尊敬を集めようとしているが、彼を戦場で見たものは誰もいない。
実は臆病者。

innamotati01

恋をする若者達。
とにかく純粋。純粋すぎるがゆえに沢山のドラマを生む。恋の成就に困難が立ち塞がるが、最後には結ばれる筋書きで演じられる事が多い。
男をインナモラート、女をインナモラータと言う。マスクは被らない。

vecchi01

老人
大金持ちでドケチな老商人。お金と同じくらい若い女の人が好き。鷲鼻で腰の曲がっているがエネルギーに満ち溢れている。
役柄として、インナモラータの親、カピターノや学者ドットーレの友人や商売仲間または敵とされたりすることが多い。パンタローネ、マニフィコ等が有名。ドットーレもヴェッキの一種。

© 2018 TCD All Rights Reserved.